アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

がっこうぐらし! 2話

くるみの過去の甘い思い出が悪夢に変われば、ゆき視点から始まる朝の風景に「非常食」など不穏なワードが並び、ゆきが去ると視点は俯瞰に変わって、ある日突然皆がゾンビになった世界のとある学校で孤立する生きた少女たち…という光景に落ち着く。

ゆきが授業を受けている間、非常食の管理に調達の検討、校内巡回と、サバイバルな状況が不安感を煽れば、巡回中に遭遇したゾンビとくるみの緊迫感あふれるシーンにハラハラ。

ゆきはゆきで妄想の学園ライフを満喫していて、それを俯瞰で見るとなんとも不憫…。肝試ししよう!という流れになって、ゾンビに遭遇した際に、肝試しとは別種の恐怖に慄くゆきの姿が確かに描かれていて、妄想の内に押し殺した何かが刺激されて恐怖しているかのような姿が痛ましく、一体この子はどれほどの地獄を見たのだろうと思うと胸が張り裂けそうになる。

ゾンビだらけの世界の、とある学校内で孤立し、サバイバル生活を営む少女たちを描いたホラーアニメということで視座が固まった。「漂流教室」や「バイオハザード」などのホラー作品と同等とみていいでしょう。現実と怪奇の振り幅を楽しむホラーにあって、立脚点たる現実にゆきの妄想・萌え4コマ的日常も盛り込んだところがユニークで、それがハッタリでなくしっかりストーリーやエピソードに作用しているところが好感。これは今後も期待できそう。