アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

Classroom☆Crisis 3話

A-TECの予算を70%削減しろという霧羽専務。上層部の指示に従わず実績を上げて来たナギサに対する専務の期待は、A-TECと共に責任を押し付けて処分、といったところか。ナギサをこれまで僻地や閑職に追いやってきたのも、おそらく霧羽専務が深く関わっているんでしょう。

そんな兄の期待にナギサが素直に従うわけもないのは見てて容易に理解できるので、ナギサがA-TECをどう思ってるのかはまだ見えてこないにしても、A-TECを潰そうという気はなさそう。それどころか業績を上げることでさらにキャリアアップをと考えてるはずなので、その動機がカイトや生徒たちの動機と結びついた時が本作の一番盛り上がるところとなりそう。

ナギサが片腕として招いた経理のアンジェリーナ、再会を祝して…の一連のシーンは、A-TECの従業員たちが現役高校生であるという設定の良さが現れてたね。おそらく本作は設定をリアリスティックにすればするほど地味になっていくと思うし、かといって嘘も度が過ぎるとお仕事モノとしての共感度が薄れてしまう。その辺の塩梅が実に上手くて、コミカルでポジティブで楽しいけど、ぎっしりずっしり充実感・満足感もある。面白い。