読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

うしおととら 4話

昔々、要石によって封じられた飛頭蛮が、工事によって掘り返されて…。これも好きなエピソード。

工事現場で作業員が野犬のようなものに食い殺されるというニュースを見てとらの仕業だと思った潮と、身に覚えがないというとらが喧嘩して、そんなんなら本当に街に出て人を食ってやろう、腹も減ったし…と街に出たとらが、500年前とは様変わりした街とモノと人々に翻弄される様子が滑稽で楽しい。またこれが原作の可笑しみをよく再現してて、嬉しいね。いざ人を食おうって時に香水やタバコのニオイでやられるとこのシーンなんか最高。

封印を解かれた飛頭蛮たちが、封じた「お役目様」、日崎御角を追って、容姿が似ている真由子が狙われる、という流れに、人を食ってやろうと街に出たものの、香水やタバコや苦手な貴金属等を纏っていてとても食えたもんじゃない現代人に辟易していたところ、食えそうな、というより美味しそうな人間・真由子と出会うという流れが絡むところもまた面白くて。美味しそうな真由子にテンション上がるとらの表情がまた可笑しい。

真由子を襲う飛頭蛮を、それは儂の餌だ!と結果的にかばう構図や、最終的に潮が駆けつけてきて何だ知り合いかよ~とぐったりするとらに、真由子がハンバーガーをあげる。とらが真由子と潮の関係を知るのと、真由子が潮ととらの関係を知るのとをこのエピソードでいっぺんにやった上で、とらが真由子は食っちゃいかんと学ぶのと、真由子が好意を持ってとらと知り合いになる構図を作り上げる手際はあらためて素晴らしいね。

先に何が起こるかわかってるのにコーフンしてしまう。良い仕事が有難い。