読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 5話

テュカ・レレ・ロウリィ含む伊丹らがイタリカに向かうと、街から煙が上がっているのを確認。イタリカの街は、アルヌスで敗残し賊化した勢力に脅かされていた。イタリカの街を守護するためやってきた帝国皇女ピニャと出会い、伊丹らが街の防衛に協力することに。

皇女ピニャが騎士団を率いるまでに至った経緯を語ることで、皇帝にままごとと軽視されている理由がわかって、また、帝国主導の連合が異世界侵略に至るまでの流れと、逆に自衛隊の進行を許してからコンニチに至るまでの流れもカチッとはまって、本作の背景の輪郭がくっきりして面白くなってきた。

伊丹らの狙いを図りかねてるピニャが、敵襲に対して自衛隊を囮として配置したこと、それを知っていて粛々と作業にあたる伊丹に対して、ロウリィがなぜ?と問いかける件と、住民を守るのが仕事だし、ピニャに敵対するより仲良くなったほうが得だと思われたい、と返す件も良くって、戦神的に都合よく解釈して高まるロウリィだけども、ともかくこういう発想がユニークに思える世界なんだなってのがストンと腑に落ちた。

ピニャの思惑に反して、敵は自衛隊の展開する場所の逆から攻めてきた。こうも思うように行かないとは…と愕然とするピニャの未熟さが城門突破を許した状況にもしっくりくる。また、賊の賊っぽい振る舞いが、いい具合に鬱憤を募らせてくれて、ここからの反撃に期待が高まる。