アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

アイドルマスターシンデレラガールズ 17話

美城常務のコンセプトに則り、不服ながら部署の存続のためにこれまでのギャル系キャラから大人の女性路線に変更する城ヶ崎美嘉。一方、妹の莉嘉はバラエティ番組への出演が決定。喜びもつかの間、園児服を着ての出演に。大人っぽくないことをクラスメイトに冷やかされたこともあって、大人なところを見せてやる!と意気込んでただけに戸惑い、落ち込む。

ギャル系が売りなのに大人路線への変更を命じられて葛藤する姉と、姉のように大人っぽくなりたいのに園児服着せられて戸惑う妹の対照的な悩みに、お母さんに相手して欲しいくらいには幼いのに妹ができてから相手してくれなくなって寂しいみりあが絶妙に絡んでくる。この流れが実に素晴らしく、以下に順序立ててみる。

①バラエティ番組での戸惑いをPには心配かけまいと振る舞う莉嘉を見習って、母に相手されなくても不満を飲み込むみりあ。

②仕事の愚痴を美嘉にこぼしたら「お姉ちゃんみたいに大人っぽくなりたい」が美嘉の悩みにヒットして怒られる莉嘉。

③美嘉とみりあ、悩める者同士でストレス解消したあと、みりあが姉になって困惑していることを知り、わかるわかる!となることでみりあの孤独が解消されるとともに、美嘉が抑えきれなくなったつらい思いをみりあが慰める。

④悩める莉嘉に皆が気を使って慰めてると、杏様からのありがたいお言葉がヒントとなって、なるほど、園児服着たからって自分を崩す必要はないんだ!と活路を見出だす莉嘉。

⑤収録に来て!という莉嘉の書き置きに従って番組収録に訪れる美嘉。あれほど嫌がってた番組で、番組には意欲的に参加しても自分を貫く莉嘉の姿に感化された美嘉が、自身の仕事で美城のコンセプト通りの衣装を着ながら自分らしいポーズで撮影に挑む。

⑥姉としての苦労を共有できる人との出会いで幾分余裕が出たみりあが、妹の世話で忙しい母を手伝うと、姉らしく頼もしくなったね、と褒められて、かまってもらうでなく誰かのためになることでもコミュニケーション出来るんだ、と知る。

以上、美嘉・莉嘉・みりあ3人のエピソードが蔦のように絡み合う素晴らしい1話。仕事の悩みとその折り合いの付け方、その中で自分らしくあろうとするには、自分は愛されているのだろうか…これらが見事に一本に収まっている。凄い。