読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

のんのんびより りぴーと 5話

なっつんのおみくじ占いを基軸に、みんなでプールそうじに、学校の創立記念日という平日休日の各々の過ごし方、そして駄菓子屋へ…という流れ。

なっつんのおみくじ占いで「凶」水に注意だって、というのをなんだかんだ気にしているこまちゃんが可愛い。学校に着けば今日はプール掃除とのこと。嫌な予感がする…と、こういう時必ず不安が的中してしまうとこ不憫だけども、オーヨシヨシしたくなるねぇ…愛おしい。プールの目を洗うやつ片方塞ぐともう片方の水圧が増して面白いのん!もっかいやるん!ての懐かしいねえ。やったやった。掃除が終わって水の張ったプールにこまちゃんとなっつんが落ちていく画、あそこは地味にいい動きと構図で見入ってしまった。

次のエピソードは学校の創立記念日で休み、どう過ごそうか…というもの。ほたるんは事情があって誘えず、結局なっつんとこまちゃんとれんちょんであてもなくブラブラするとこもいいねえ。平日に出歩く罪悪感!てのもああそういうのもあったなあと思ったり。家で留守番してるほたるんが都会っ子のお留守番って感じなのも効いてる。

最後は用事を済ませたほたるんが皆と合流して遊んでると雨が降ってきて、駄菓子屋へ雨宿りに行くエピソード。なんだどうした、な駄菓子屋(楓)に一斉に話しかける一同、てのが可笑しい。

濡れてるから着替えなってんで駄菓子屋の服を皆が借りて着るんだけど、れんちょん、こまちゃん、なっつん、ほたるんと体格に合わせて駄菓子屋のファッション遍歴が伺えて可笑しい。なっつんは似合ってて色っぽかったねえ…。

皆がめし食ってないと知った駄菓子屋がお好み焼きを振る舞うことに。紙皿を用意してると前回のてるてる坊主の話になって、れんちょんの扮装がてるてる坊主ってわかりづらいよ…となって駄菓子屋で試してみようとするれんちょんのシーンがまた可愛かった。そしてそれをてるてる坊主だと即答する駄菓子屋…いいねえ。れんちょんが赤ん坊の頃のエピソード思い出してホロッときた。

お好み焼きを作るときに出汁をかけておこげを作るってのは知らなんだ。生地のレシピとかもあったら良かったけども。ともかくウマそうだし、皆でこうやって食うとまたウマいんだろうな…と思った所で「幸腹グラフィティ」思い出したり。

本作はモデルとなる場所がないということで、全国各地でロケハンを行ったようだけど、どこかで見たような光景に、かつて体験したかもしれない出来事を眺めることで、いろんなことを思い出す。体験したことのないはずの出来事の追体験が楽しい作品。