読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

アイドルマスターシンデレラガールズ 18話

番組「とときら学園」にて、同い年のきらりと杏が凸凹コンビとして評価され、コーナーを獲得する。同時に、智絵里とかな子もコーナーを任されることとなった。

きらりと杏とは違って、智絵里とかな子がコーナーを任された理由は明確にはなってないけども、終盤の武内Pの「これはふたりにとっての挑戦だった」から、キャラが評価されて…ではなくおそらく武内Pの働きかけによってだろうと。

やる気が空回りするかな子に、人見知りな智絵里が街頭インタビューに突撃取材にとつまづくのが中心になってるけども、今回はきらりと杏の「凸凹コンビ」という売り出し方に対して、「ふたりが」どう思ってるか…武内Pの言葉の選び方、デリカシーが光った。きらり・杏どちらかでないところがまた良く、プロとしても個人としても素晴らしい気配りに感激。また、いつもマイペースで悟ったような杏が、きらりに対して自分と組むのどうなの…?と気遣いと弱みを見せるところが良ければ、みんなが喜んでくれるからハピハピ!と動じない様子だけどカメラワークはそうは言ってなくて、表情を隠すところがまた味わい深く、きらりの杏に対する気遣いも充分に伺えた。

智絵里とかな子の突撃先、切子の職人のちょっと物語的に意地が悪くても、ふたりの仕事に対する気遣いもみられて現実的な質感がある演技に言動が良かった。また、よく知らないのに知ってる素振りを見せたことが問題だったと気づけたとこが良くって、知らないから教えて下さい、でいいんだよね。知ってるか知らないかでなく興味があるかないかが問われてるのだから。いろいろと質問を重ねて、興味を持ってくれたと伝わって、職人の気持ちがほぐれていく様子が温かかった。

智絵里とかな子の成長を描くための対比としてでなく、きらりと杏もしっかり掘りさげてきて、それぞれに合った気遣いにアドバイスをする立場である武内Pがしっかり仕事をする。今回も素晴らしいエピソードだった。