読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

ヘヴィーオブジェクト 1話

貫くことのできない装甲と、圧倒的な火力を誇り、戦争の概念を一変させた巨大兵器「オブジェクト」。世界は4つの勢力にまとまり、しかしながら勢力内外で小競り合いが絶えず、オブジェクト同士の戦いが戦況を決するという情勢であるという説明で1話費やした感。

この物語が何を描いていくかは1話めではよくわからなかったけど、終盤の様子から、オブジェクト同士で勝敗が決するという「クリーンな戦争」のなかで、勘定に上らない犠牲…たとえば歩兵であったりゲリラであったり、そこをあえてぼかしながら、そこに焦点を当てていくようにみえる。

オブジェクトの設計士を目指すという主人公・クウェンサーと、オブジェクトのパイロットの少女・ミリンダ。ふたりの恋の物語という線もありえる。だとすると、関係が浅いように伺えるけど、いっそ出会うところから始めたほうが良かったんじゃないだろうか。そうなるとちと導入が長くはなりそうだけど。

オブジェクトのデザインは気に入った。「ガンダム」の「ボール」のようで、そっちは見た目の頼りなさから笑いのネタに用いられたりするけど、まるでその「ボール」のような、球体に多数の砲が付いているという極めてシンプルで映えないデザインなのは面白い。それが巨大であるというだけで、なかなか凄みもあって良い。カッコよくすら見える。これ、地形の起伏をどう克服するんだろう、と思ってたらカニ足型のやつも出てきてそこは考えられてるんだと安心した。

ひとつ不満なのは、オブジェクトの救出装置の整備中に、クウェンサーのミスで座席の胸部のベルトが思いっきり締り、乗っていたミリンダが窒息しそうになるというところで、ベルトで締められて強調されるおっぱいにひるんでこれベルト掴んだらおっぱいも触っちゃうかもどうしようと悩むところ、いやもうさっさと助けんかと。死ぬかもしれないという緊急事態時になにを考えとるんだと。

画的には申し分なく、というかこれ最後まで維持できるのかしらと心配になるほど力入ってるけど、はてさて。ともかく、物語的にはまだほんのさわりといったところ。様子見様子見。