アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2話

ギャラルホルン火星支部・クランク二尉は、CGSの兵が子どもたちであることに動揺。旧型モビルスーツのスラスターが不調と知ると隙をみて撤退する。ギャラルホルンをどうにか退けたオルガたちだが、戻ってきた一軍の社員たちに理不尽な暴力を受ける。それを機に、オルガは仲間とともにCGSから独立する計画をたてる。

前回は各勢力や組織や情勢の理解に四苦八苦したけども、展開に劇的な変化がなかった事もあって、今回はすんなり理解できた。見せ場を前回で先に見せておいて、次回で説明するという展開の手際は、アルドノア・ゼロを思い起こさせる。インパクトある展開と視聴者への説明とをうまく両立した律儀な作りは好感。

CGSで1軍と称される荒んだ社員たちの中にも頭の回りそうな人物が居たり、ギャラルホルンの中にもクランクのように相手を思いやれる人物やマクギリスのような公私をわきまえた人物が居るのも良い。大人対子どもというような単純な構図にはしなさそうだ。

とりあえず今一番注目したいのはクーデリアの身の振り方。武器を取りともに戦うのか、後方から資金的に援助するのか、身の程を知り去っていくのか。敵対するというのはまず無いでしょう。個人的には後方から支援する方向に行ってほしいなと。共に戦うというのはちょっと安直に思えるので。このへんの描き方で期待度が変わってきそう。