読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER 3話

15年間開くことのなかった真賀田四季の部屋から出てきた、四肢を切断され花嫁衣裳を着せられた状態で自走ワゴンに載せられた遺体。部屋は密室状態で、何者かが侵入した様子もない。しばらくすると、ヘリで出て行った、所長であり四季の叔父の新川が、四季の姉を連れてヘリで帰ってくる…。

真賀田四季が14歳のときに両親を殺害した、15年前の事件が発端となってる様子。13歳の四季が、叔父の新川に恋をしたようなこれまでの回想シーンのなかで、今回は四季の両親殺害の動機が見えてきた。「今自分に必要な事は自分のものを失うこと」「何かを切り捨て消し去ること」これは新川に恋をしたことで両親が邪魔に思えたのか。それとも両親が疎ましく新川を利用したのか。四季と萌絵とのやりとりで、四季が犀川のことをどう思ってるのかしつこく聞いてきたのは、自身の境遇を重なるからか、それとも自身との相違点に興味が有るのか。

ひょっとしたら、15年間引きこもっていた自身の境遇に終止符を打つきっかけを四季に与えたのは、萌絵の犀川に対する想いなのではないだろうか。萌絵に「嫌いな人を好きになるきっかけ」を聞いたのが、好きな人を疎ましく思うようになったのはいつからなんだろう、と思うきっかけになったとか。真賀田四季は実は生きてる前提での考えだけども。

…と、ついあれこれ考えてしまうけども、ともかく萌絵と犀川の関係に真賀田四季絡みの事件や背景が上手く絡まって、トリックだけでなくドラマとしての厚みもあって見応えがある。出来事は重いのにOPやEDのような都市的に洗練されたポップな雰囲気が、本編でも各キャラのやり取りに雰囲気ある演出によって維持されてる。筋の通った仕上がり。