読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5話

オルガとオルクスとの契約が成立し、鉄華団はオルクス商会の案内で地球まで行くことに。一方でオルクスは鉄華団・トドのもたらす情報をもとにギャラルホルンのコーラルと内通。クーデリアを連れて地球を飛び立ったオルガたちは、さっそく裏切ったオルクス商会とギャラルホルンモビルスーツ隊に襲われる。

 

「大人の恐ろしさを思い知らせてやる」というトドが、大人同士の駆け引きで真っ先に敗北し醜態を晒すのは小気味良かった。オルガは最初からトドを信用してなかった…というよりもトドが裏切るかもしれないことを想定して根回ししてたのだろう。信用してないのなら鉄華団立ち上げ時に放り出せば良いだけの話なのだから。オルクスと親しいというトドのキャリアに、役には立つかもしれないし、前話でのオルガの言うように「そうでなければ落とし前をつけさせればいいだけのこと」。そしてその時は訪れた。処刑するでなく意趣返しとしてふんじばって敵に送りつけたのは、トドへの情けではなくこの件に関わるすべての敵に舌を出して笑ってやりたかったからなのだろうと解釈した。

今回は、雑貨屋の娘アトラが、三日月とクーデリアの仲に危機感を覚えたのか、鉄華団で炊事係として雇ってください!というところを、無茶だとか危険だから帰りなとあしらうでなく、うんいいよと受け入れるところが筋が通っててよかった。鉄華団は子どもたちの家なのだなあ。クーデリアが三日月に好意以上の何かを覚え始めているように受け取れる描写があるけども、ブレスレットの香りを嗅ぐ行為に象徴されるように、三日月とアトラは相思の仲で、それは維持されていくのだろうと予想。本作が1stガンダムへのカウンターであると仮定すると、幼馴染を置いて別の人と運命的な出会いをするというガンダム主人公の恋あるあるは外してくるだろうと期待している。

まだまだ物語的にはスタートを切ったというところ。クーデリアの今後は、マクギリスとガエリオ及びギャランホルンがどう出てくるか、また別の勢力が立ちはだかって来るのか…。そこの見せ方描き方で評価が変わってくるかもしれない。