読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

櫻子さんの足元には死体が埋まっている 4話

母親の買い物に付き合っているところを、お巡りさんの内海さんに呼び出される正太郎。内海いわく、友人の藤岡の家は代々男性が短命であるが、自分にもその「呪い」による死期が迫っていると悩んでいるので、正太郎から櫻子さんにお願いしてその「呪い」を否定してほしいとの事。渋る櫻子さんをどうにか説得し、一同は藤岡宅を訪れる。

飼い主が次々に死に見舞われるという「呪われた犬」・ヘクターが櫻子さんに飛びついて顔をぺろぺろなめるシーンの、櫻子さんの嫌だという気持ちと諦めの気持ちの入り混じった表情がなんとも可笑しく可愛かった。犬を嫌いというわけでもないが、さほど興味もないといった体の櫻子さんが、その犬・ヘクターが「死を嗅ぎつける能力」があるらしいと伺ってから急に親しみが湧いたのか、さり気なくヘクターを撫でる櫻子さんもまたなんとも可愛らしい。甲斐甲斐しく振る舞う正太郎に亡き弟の面影を重ねたのか、横目で見やった後にツンとそっぽを向く櫻子さんの素直でない気持ちの描写もまた味わい深い。本作はこういう細かい描写で各々の気持ちの有り様を描く手際が実に良い。

藤岡自身が悩んでいるはずなのに、「呪われた犬」を引き取ったり、「呪われた絵」を譲り受けたりと不審点が多いな…と思ってたらこいつ怪しいですよ!と言わんばかりに何者かとやりとりするシーンがあって、そこは隠してたほうが面白くなったんじゃないの?とは思うけども、ここでは櫻子さんが何に気付いてどう解明していくかに注目という事なんでしょう。藤岡自身だけでなく代々裕福である事情も踏まえるといろいろ背景が想像できるけども、ここは思考を止めて櫻子さんの解答を待ちたい。