アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

ヤングブラック・ジャック 総感

ブラック・ジャックこと間黒男の、医学生時代の物語。医学生の彼がいかにして無免許の闇医者となったのか、その軌跡を描く。

加瀬充子監督・高橋良輔シリーズ構成に、各話シナリオ・コンテ・脚本も貫禄の顔ぶれ。結果として、コンニチのアニメのような緻密な書き込みや処理は見られないけれども、構図や処理によって力強さ・凄みをもたせ迫真のドラマを演出していた。OP映像はその魅力がギュッと詰まっていて、時代を象徴する瞬間・場面を切り取るプロの報道カメラマンのような、息を呑む構図の画を盛り込むセンスにシビれた。

大塚明夫さんの冒頭からぐっと気を引き締めてくれるナレーションも、雰囲気作りに多大な貢献をしている。奇想天外な出来事も、光景も、画作りに劇伴に、現実の過去を振り返るような臨場味あふれる雰囲気を演出し、かつ心情をダイナミックに劇的に表現することで、時代の出来事の再現ドラマのような興奮を覚えた。80年台のアニメを楽しむような、貴重な視聴体験となった。