アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 15話

ドルト3で兄と再会したビスケット。しかしギャラルホルンと内通している兄は、鉄華団の一員である弟のビスケットに、アトラをクーデリアと勘違いしたことも相まって、早々に身柄をギャラルホルンに引き渡してしまう。ドルト2の労働組合からビスケットら誘拐の連絡を受けたオルガらは、定時連絡をしてきた三日月に状況を報告。三日月はクーデリアらをホテルに残し、ビスケットらの救出に向かう。ホテルに残されたクーデリアらの前に謎の仮面の男が現れ、すべてはノブリスの計画であること、鉄華団にその内通者がいると忠告する。その内通者がフミタンであることを告げられてもフミタンを信じるクーデリアだったが、フミタンは否定しなかった。

うぐう…ちょっとまってこれ…フミタンにフラグ立ちまくりじゃないですかぁぁ!三日月くん「筋を通す」とかそんなこと言っちゃったらフミタン逃げ場なくなっちゃうでしょっ!許してあげてよ~

コホン…さて、今回はビスケットと兄・サヴァランとのすれ違い。サヴァランは労働組合の連中とは古い付き合いだそうだけど、きょうだいにかつての仲間たちとを裏切ってまでドルト2とギャラルホルンの均衡を保とうとしたその正義、それに含まれる命の代償を大儀に糊塗するその欺瞞を、弟・ビスケットに否定される構図。サヴァランにとってみれば、何もせずとも反乱の引き金はいずれ引かれたわけで、少しでも流血を防げれば…という想いからなのだけども、それできょうだいや古い仲間たちを売り渡すという視野狭窄からの行動に同情はできない。それでも切ないねえ…。上手くはいかないもんだなと。

クーデリアと勘違いされたことを逆に利用し身代わりを買って出るアトラの機転と、ギャラルホルンの暴力による尋問にも屈さないアトラの姿勢には目頭が熱くなった。OP映像の「負けてたまるか!」がありありと目に浮かぶ。小さくても強靭な精神の在り方が美しく、胸を熱く焦がす。

自身の気の迷いから、計画に狂いが生じたことによって、クーデリアと決別するきっかけを失ったまま、それでも別れの時が刻々と迫ってきている…という状況がなんとも切ない。今更気が変わりました、ごめんなさいでは済まされない、かといって今更クーデリアを引き渡すという気持ちにもなれない、迷いの内に停止してしまったかのようなフミタンの有り様が切ない。いよいよクーデリアを引き止められなくなって、すべてを打ち明けようとしたときに、間の悪いことに仮面の男が現れる。自身の口からでなく、仮面の男から真実を語られてしまったフミタンにとって、真実を打ち明けることさえ真正面に向き合えなかったというのは痛恨の負い目となったでしょう。クーデリアの敵にも味方にもなれず、自分よりも仮面の男のほうがクーデリアにとって安全だろうとでも言うようにその場を立ち去るフミタン…そんなフミタンを、すべてを知ってもなお大切に思い追いかけるクーデリア…(涙

「仮面の男」に「大人にはなりきれないものだな」って…本作だけは他のガンダムシリーズとは一線を画して欲しかったけれども…フミタンが助かるのなら目をつぶってもいいけど。冗談だけども、次回予告に名前がどどんと、何かのお膳立てのようですんごく嫌なんですけど、フミタン無事で済まなそうなんだけど、腹くくらないからね、何かあったら取り乱すもんね!