読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 15話

アルヌスに戻った伊丹は、柳田からドラゴン退治を持ちかけられる。部下を危険に晒すわけにはいかないと断る伊丹だったが、そのドラゴン退治の依頼人であるヤオがテュカに彼女の死の事実を告げたためにテュカの精神状態がおかしくなってしまった事を知り、テュカのために彼女の父親を演じながら、ドラゴンを退治すべきか、隊員の安全を守るべきかで悩む伊丹。

 

前期でさわりだけ見せたヤオに関するイベントに、テュカのトラウマ解消もまとめて片付けようという展開がスタートした。そのなかで、伊丹の父の死と、それが心神喪失の母が一因となってることもさらりと盛り込まれて、伊丹がテュカに情を寄せる動機も上手く手短かに補強してきた。一族のためにとはいえあまり好ましくない手段を取ったヤオだけども、彼女の切実な背景や、彼女の言うようにテュカ・ロウリィ・レレだけ特別扱いして、自分は門前払いかって怒りも納得できる。思い切りの良い展開が説得力を上手く付与している。ドラゴン退治が政府にとって利益にもなる、という設定も含めて上手い根回しだ。

伊丹がテュカのために、任務をほっぽって残ったところは、物語的に大胆な嘘のつき方で、ドラマチックな感情の動きを演出した。序盤から自衛隊をポジティブに派手にプロモーションするために大胆に嘘をついてきたのだから、これくらいの飛躍は今更驚くこともないだろう。存分にドラマを盛り上げていってもらいたい。