読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(2期) 総感

東京・銀座に突如異世界の門が開き、異世界の軍勢による襲撃事件「銀座事件」が発生、その後、政府は自衛隊を門の向こう側「特地」へと派遣、警告に応じない敵と交戦しつつ、特地の調査と帝国との和平を目的に行動する。

2期目はダークエルフ・ヤオの依頼の炎龍退治とピニャを軸とした帝国融和派と日本国との和平交渉、それを阻止せんとする主戦派・ピニャの兄・ゾルザルの不穏な動きというところから始まる。

 

1期目を楽しめたのなら2期目も楽しめるでしょう。2期目の魅力は1期同様に健在。

yamanuko.hatenablog.com

 自衛隊という際どい実在の組織を用いた物語を描くにあたって、全く迷いのない思い切りの良い描き方が、性とバイオレンスを描くにあたっての思い切りの良さにもつながっていて、作品に勢いをつけた。

今期はテュカのトラウマ払拭と帝国主戦派との戦いとすべてが作品の軸となるエピソードで、前期のようなロウリィたちのぶらり東京ツアーみたいな遊びがなかったのは少々寂しかった。ドンパチするのもフラストレーションを溜めて発散させるのもいいんだけど、異世界と日本が公然と結びついているといういくらでも話が膨らみそうな面白設定があるのだから、次期あるのだとしたら思いっきり脱線して欲しい。ネガティブに顔を歪ませてるよりもうまいもん食って綻んでる顔を見ていたいねぇ。