読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

最弱無敗の神装機竜 総感

アーカディア帝国がクーデターによって滅ぼされ、アティスマータ新王国が誕生して五年後、新王国に奉公することで恩赦となった旧帝国皇子のルクス・アーカディアは、泥棒猫を追う仕事中に王立士官学園女子寮の屋根を突き破り浴場に転落、入浴中のリーズシャルテの怒りを買ったため、本来は学園の生徒になってほしいと招かれていたルクスだったが、これを認めないリーズシャルテに機竜での決闘を申し込まれる。決闘の際に乱入した敵を協力して倒したことでリーズシャルテとのわだかまりを解いたルクスは女子ばかりの学園に入学することになり、個性的な女生徒たちに振り回されながら、新帝国と旧帝国との様々な思惑にも振り回され、乗り越えていく。

 

ツンデレヒロインに多額の借金をかかえる女性声優の男の子主人公と、「ハヤテのごとく!」を思わせる雰囲気。監督の安藤正臣氏はワタナベシンイチ氏に憧れてアニメ業界に入ったそうだけど、ハヤテも好きなのかな、と思ったり。ともかく、サービス多めのハーレムものではあるけども、嫌味がないのはルクスの中性的な外見と、声を女性声優がアテてて異性感が薄いのとが作用しているからかもしれない。同性同士で戯れてるように見えるというか。おかげでヒロインズとの交流とそれぞれの抱えた問題のエピソードに集中することができた。喜怒哀楽バランスよく最後まで楽しめた。

シャープな線で丁寧で鮮やかな色使いが映える、ちょっぴり贅沢な気持ちになれる画作りもGOODでした。