読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

2016年秋アニメ私感

オカルティック・ナイン

僕はサイコ・ホラーな雰囲気は本来好きではないんだけども、本作はポップでクールでカラフルな雰囲気がそれを払拭してしまうパワーがあって、おぞましいシーンがあっても引きずることなくトントンと展開していくのが有難かった。りょーたすのキャラ造形…今日的な顔立ちに少しふっくらとしつつもすらっとしたボディにまるで不釣り合いな豊満なバスト…ポヤヤンとした態度の内に秘められたもう一つの性格…それは彼女の手にする「ポヤガン」のようであり、本作そのもののようでもあった。つまりりょーたすも本作も僕好みで超好き。最高。

 

フリップフラッパーズ

最新の表現と懐かしい表現が混在するファンタジー世界は、見ているだけでも賑やかで楽しい。2進数を匂わせるタイトルやだまし絵など、表裏を意識させる表現が随所にみられて、今見ているもの、今起きている状況がいつ覆るかという緊張感があった。

ハチャメチャな世界を趣味的に描く一方で、子には子の、親には親の、周囲には周囲のそれぞれに向けた示唆や教訓も多分に含んでいたようにみえたが、そちらに関しては正直自信がない。それよりも、われわれのよく知ってる現実さえピュアイリュージョンの一つとしてしまうセンスのほうに惹かれた。

 

響け!ユーフォニアム2

滝先生が来て全国を目指すことになった、新生北宇治高吹奏楽部における椅子取りゲームを学園バトルめいた熱気で描いた1期と比べて、1期で棚に置かれていた問題を拾っていきつつフィナーレに向かっていった2期は、全国へ行くという目標をかけた舞台を濃密に描き、わだかまりもしっかり拭って、視聴者のガイド役めいた久美子が主役として再度浮かび上がって締める鮮やかな仕上がりとなった。

 

ガーリッシュナンバー

性悪な新人声優・烏丸千歳が主役の声優業界を舞台にしたお仕事アニメで、業界のネガティブな部分も多分に描くのだけども、コメディ作品として描かれているので、クサクサせず楽しむことができた。それはビジネスライクなようでいて親身な仲間たちだったり、脳天気なようでいてちゃんと目配せしている業界人だったり、無責任なようでも腐りきってはいない責任者だったり、性悪というより世間知らずゆえの駄々っ子でしかなかった千歳など、そんな人たちを愛おしく思えたからかもしれない。

 

ユーリ!!! on ICE

男子スケートを描くにあたって、同性愛を匂わせる表現を露骨に取り入れるサービスを盛り込みつつ、師弟愛やライバルや友への想いと上手く結びつけてドラマチックに演出した。スケーティングの描写が早々に崩れてしまったのが非常に残念だけども、個人競技の性質や選手や指導者の心理が素晴らしくリアリスティックに描けていた。 

 

魔法少女育成計画

WIXOSSアニメシリーズ同様、願いを食い物にする何者かに囚われた少女たちの悲しい闘争の物語。対戦形式の格闘バトルによる命を賭けたサバイバルゲームは、彼女たちの辛く悲しい境遇やささやかな幸せを描いているがゆえにより悲惨であり、それはショッキングで見ごたえのあるものではあった。ただ、最後の最後まで全く救いがない上に、息抜きができる箇所すらなかったものだから、観続けるのがとても辛かった。キャラのメイク描写、特に目の描き込みが色っぽくて、それが見たいというのが視聴のモチベーションの一つとなった。

 

ステラのまほう

淡めの色使いとまんまるちんちくりんなキャラデザが可愛くて、見てるだけでも幸せになれる作品。もちろんコメディとしても十分楽しめる。個人的には同系統の作品群の中では1・2を争うほど好きな作品となった。

 

灼熱の卓球娘

1話めはノリがつかめず戸惑ったけども、2話目以降は部活モノとして楽しめるようになった。キャラの個性が皆強すぎて、時折笑うようなとこでないのに笑ってしまうこともしばしば。そこまで貪欲にならなくても、作品としての軌道は安定してると思うけども…。色気で釣ってもいけそうな作りであるのに、卓球してる姿をカッコよく描いてくれたのが良くって、しっかり熱くなれた。

 

装神少女まとい

何処かで見たような光景、どこかで聞いたような台詞回し…中盤まで本作の個性が見られなくて不安になったけども、団欒を奪われた家庭がそれを取り戻す物語として終盤にググっと輪郭がくっきりして見ごたえあるものになった。長い間離れて暮らしていたために余所余所しい父娘の様子、特に伸吾の態度のリアルさが光った。ゆまちんのアシストもGOOD。

 

亜人

2クール目に入り、戸崎の懐に上手く飛び込んで逃亡生活に一区切り打つなど、新展開になっても面白さは健在。佐藤の打つ手打つ手が面白かったし、双方知恵を巡らせての攻防がまた楽しかった。キャプチャを使った演技は皆どこかチンピラっぽくて、それが合うキャラもいれば合わないキャラもいたり…もう少し演じ分けてほしかった。

 

ブレイブウィッチーズ

優秀な姉を持つ普通(?)の少女が様々な困難を経て成長していく物語。ストライクウィッチーズ同様、「履いてない」という以外はまっすぐな成長譚で、仲間と打ち解けて信頼を得ていく様子など、物語の定番をしっかり押さえて手堅くも確実に楽しめる内容となっている。放送延期もあり、苦しい箇所も多々見られるけども大きく崩れることなく駆け抜けた。個人的には、今後まだシリーズが続くならもうそろそろ履いてほしいところ。戦闘中はともかく、普段も履いてないとさすがに格好がつかないので。

 

Lostorage incited WIXOSS

WIXOSSアニメの新シリーズ。selectorシリーズよりもカードバトルは複雑かつ具体的に、登場人物は男性も参加して多くなった。本作だけなら悪くはない出来だけども、selectorシリーズに比べるとどうしても印象が弱く感じる。千夏のやさぐれに時間を割いた分、すず子との和解のプロセスが不足に感じた。

 

ブブキ・ブランキ

説明過多で巻き気味に展開していく様は1期より酷く、余韻に浸る間も無いまま次に進んでしまうので呆然としてしまうことも多々あった。内容に比べてキャラが多すぎたのではないか。しかしながら物語をそうして23話でぴしゃりと締めた後に、24話でたっぷり余韻を設けたのは意外で、サンジゲンの決意表明にも思えるエピソードはなかなかに良かった。

 

終末のイゼッタ

欧州における第2次大戦に魔女や戦姫物語を絡めたのはユニークであったけども、キャラデザや台詞回しの真新しさがどうにも馴染まず、サービスも空回りしているようにみえた。戦闘シーンの展開やアイディアの工夫で見せる面白さは素晴しかった。

 

ろんぐらいだあす!

 キャラの目線より高い構図を極力使わない、力強いカメラワークに期待が高まったけども、早々に力尽きてしまったのが非常に残念。キャラデザも内容的にも好みなので、ちゃんと作られた完成版が見てみたい。是非。

 

 

 

以上です。秋アニメは2016年度で最も充実したシーズンと言っても良いんじゃないでしょうか。個人的な事情で何本か見逃してしまったのが残念。