読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメられる日々

アニメ感想ツイート保管庫(暫定

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 3話

竜に焼かれた村でエルフを救助する伊丹たち。コダ村へ行きそこでエルフを保護してもらおうと交渉するも、コダ村の村民も竜から逃れるために避難するところという。伊丹らはコダ村村民の避難に同行することになる。

避難民たちが道中で直面する問題に、陸自ならではのアプローチでフォローが入るところがユニークで、本作の魅力がこういうところで出てくる。

コダ村の避難民の中にいた魔法使いのチョーさんとレレとかいう子のやりとりが楽しかったし、神官様とかいうとりあえず今のところは味方と見ていいらしいゴスロリ少女に思ったより快活そうなエルフと、この方面との絡みは楽しくなりそう。

また、伊丹ら隊員たちが、炎龍に襲われ亡くなった人々を埋葬し弔うシーンが有って一応安心したし、何よりエルフを救ったのが特別扱いでなく、道中で孤児となったり家財を失った人々を隔て無く保護しようと言う点も描かれて一安心。

伊丹たちがいわゆるスタンダードな悲哀や葛藤をみせず、至ってニュートラルなリアクションであるために、様々な解釈を生んで論争が巻き起こってるけども、やっぱり他人の意見から憶測するより自分の目で見たほうがいいな、と改めて思った。穿った見方はいくらでもできるが、好意的に解釈できる余地もまた同じくらいあるのだから、好解釈できるうちはそうして楽しんでおくことにしよう。